FC2ブログ

初心者の為のデスクトップ・ロボット製作入門:GR-K3(その3)

GR-K3の部品表です。
デスクトップ・ロボット GR-K3(低コスト版) 部品表2015.8.20 前野
部品名入手情報備考学習用URL
GR-KURUMI1http://www.wakamatsu-net.com/cgibin/biz/pageshousai.cgi?code=38320035&CATE=3832基板に付ける細ピンヘッダーも2個買っておきましょう。http://tool-cloud2.renesas.com/Renesas/ref_kurumi/gr_reference_j.html
USBシリアル変換アダプタ1https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-0SK8GR-KURUMIへのプログラムの書き込みに必要です。 
赤外線距離センサー1http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02551/5V用なのですが、3Vでもギリギリ動くようです。黒い線がVCC,橙色の線がGNDなので注意してください。センサの白い線はKURUMIのA0ピンに接続します。将来的に2個使う場合は2個目はA1に接続。 
ヘッダーピン1http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-01627/赤外線距離センサーとブレッドボード(KURUMI)の接続用 
音声合成LSI1http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-05665/ATP3011F4-PU(かわいい系の女声) 
コンデンサー1http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00090/1個でいいのですが、今後もよく使うと思うので10個入りがおすすめ。 
アンプ1http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-08217/IN-側はGND固定します。IN+側はコンデンサー経由でATP3011の音声出力接続します。 
スピーカー1aitendo店頭や秋月店頭aitendoの緑の枠があるスピーカーが薄くてちょうどいいです。秋月の100円スピーカーでもいいですが。 
ステッピングモーター1http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-06578/これも3Vでもギリギリ動くようです。http://tool-cloud2.renesas.com/Renesas/ref_kurumi/library_stepper.html
ジャンパー線(オス+メス)1http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=3ACE-LHJEDCステッピングモータ基板とKURUMIを接続します。 
DCステッピングモータ基板1http://www.aitendo.com/product/10161JP1は抜きます。ケースとなるゴミ箱が小さい場合は、放熱フィンを半田ごてで外し、ICを倒して使います。 
耐震マット2ダイソー4cm角のもの。ステッピングモータの上下に貼って使います。下側は机との接着用、上側はショートを防ぐ意味です。今回はユニバーサル基板の裏面に電気配線がないので上側は不要かもしれません。 
スイッチ付電池BOX(単三, 2本用)2http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00310/KURUMI用とモータ用で合計2個 
取り付け用プラスチックスペーサー2http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-01864/モーター基板、距離センサーの取付用 
ミニブレッドボード2http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05155/KURUMIとアンプで1枚、ATP3011で1枚使用します。 
ジャンパー線1http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-08996/適切な長さに切って、両端を7mmほど剥いてブレッドボードに刺します。 
ユニバーサル基板1http://www.aitendo.com/product/6890ミニブレッドボードのシールをはがし、2個並べて配置します。 
3mmねじ(長さ10mm)数本 モータおよびモータ基板、距離センサーの取付用 
スポンサーサイト

初心者の為のデスクトップ・ロボット製作入門:GR-K3(その2)

先ずは、マイコン基板GR-KURUMIを使いこなせるようにしましょう。
こちらの方が簡潔に説明されています:LEDチカチカ
http://blog.livedoor.jp/fdaigo/archives/1938698.html

GR-KURUMI表

初心者の為のデスクトップ・ロボット製作入門:GR-K3(その1)

Mafer Faire Tokyo 2015で展示したデスクトップ・ロボットGR-K3(ニックネームは「くるくるクルミ」)ですが、数名の方から作ってみたいという御意見をいただきましたので、製作記事を連載します。個人的趣味で製作しているので、投稿の遅延はお許しくださいね。
完成イメージは、以下のような感じですが、連載記事ではこれを少し簡略化したものを目標にします。先ずはダイソー等でお気に入りのゴミ箱と目玉シールを見つけてください。やる気が出ますよ。
機能は、赤外線センサーに手を近づけると数字をカウントアップして読み上げ、手を遠ざけるとその回数分、くるくる回り、温度を読み上げるというものです。(将来的に上達すれば音声時計機能やリモコン操作も可能になりますが・・・)
GR-K3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。